はやの眼科

レーザー治療
レーザーとは、一言でいえば、高いエネルギーをもった光の一種です。
その特性を利用して、眼科でもさまざまな疾患の治療に使われています。

例えば、
黒目の表面を削って近視を軽減させる、
眼の中の水(房水)の流れを良くして緑内障の治療に応用する、
糖尿病性網膜症などに対しては、網膜に照射して循環のバランスを改善させる、
また、眼の中の『にごり』や牽引物を切除する・・・・など。
本当にさまざまな治療に応用されています。

当院では、このうち網膜・虹彩・隅角・水晶体嚢に対するものを実施しております。
2種類のレーザー装置を設置し、これらを使い分けることにより糖尿病性網膜症、緑内障、後発白内障、眼底出血等の治療を実施することが可能です。

治療までの流れとしては、一般的には(緊急性のないものについては)、予約制とさせていただいております。

レーザー治療が必要と判断される時点で、写真や検査結果をもとに症状の経過をご説明し、更に患者さんの予定も考慮の上、治療に最適な時期を決定いたします。
ただし、緊急を要するもの(たとえば、急性緑内障発作など)は、当日すぐに行う場合もあります。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

レーザー治療費用
全て保険適応です。1割負担で再診の場合、当日におおよそ以下の費用がかかります。
(2017年4月現在)
代表的なもののみを記載してあります。下記以外のものについては直接ご相談ください。

  網膜レーザー凝固
 ◆網膜静脈閉塞症など 約 10,500円
 ◆糖尿病性網膜症・
    網膜剥離など
約 16,500円
  虹彩レーザー切開 約 7,000円
  隅角レーザー凝固 約 9,000円
  後発白内障切開術 約 1,500円

注1 

一連の治療に関する片眼についての費用です。



注2 

2割・3割負担の方はこの約2倍および3倍となります。



注3

月の医療費が基準値を超えた分は、免除されます。


1割負担の上限は月14,000円


3割負担の上限は月57,600円


(2017年8月~)



注4 

初・再診の別、投薬の種類等により多少異なります。



 このページのトップへ↑